前へ
次へ

セックスにも実は相性が合った?!相性が良い14個の特徴!

人間の3代欲求のうちの1つ「性欲」。
これは生きていく上では切っても切れない感情です。
そんな性欲=セックスの相性はとても重要になってきます。
大前提としてここでいうセックスの相性というのは科学的根拠などはなくあくまで「お互いの感覚」がほとんどです。
ですが、あなたが今まで「この服なんとなく自分に合っていない・・・」や「この姿勢自分にはなんとなく辛い」など自分だからこそわかるフィット感や感性というものがあります。
その感覚とセックスの相性もかなり似ています。
なんとなくだけど、相手とのセックスがとても気持ちいと現時点で思えている人はこの記事を読まなくても大丈夫!自信を持ちましょう!逆にちょっと不安を感じている人はこの記事を読んで自分に自信を持つようにして、そうじゃない部分があれば改善することもできるため、相手と楽しいセックスライフを送りましょう。
1.キスが心地いい
セックスする前に必ずと言っていいほどするのがキス。
そもそもセックスはキスを時点から始まっていると言ってもいいほど過言ではありません。
相手とキスをしたときに「何か違うな」や「唇の形が気になる」などふとした時に何か違和感を感じる場合はキスの相性があまり良くないかもしれません。
また、キスにも種類がありソフトなキスやディープなキスなどもあります。
自分はソフトなキスが好きだけど相手はディープなキスばかりしてくるという場合はあまり相性が良くないかもしれません。
もちろん、キスがすべてではないですからキスの時点で諦める必要はありませんし、初めてキスをした人だと緊張していつも通りのキスができていない可能性もあるので、何度もキスをすることでお互いのことを理解していきます。
2.全裸になって抱き合った時のフィット感が合っている
セックスをする時、裸になって抱き合ってみてください。
その時にふと密着感があまりないやからだが硬すぎる・柔らかすぎるなど違和感を感じる場合は抱き合った時のフィット感があまり良くないかもしれません。
逆にふっと感がある時は、抱き着くことすら興奮材料になるため何度抱き合っていても満足します。
この時に、重要になってくるのが身長です。
身長の大きさは愛情に関係ありませんが、夜の営みの時は別の話です。
もちろん抱き合う時も重要で、どちらかの身長が大きすぎたり小さすぎたりすると抱き合った時の場所がずれていたり、抱き合いながらそもそもキスをすることすら難しいです。

Page Top